II ページ・デザインと広告の貼りかた | 前へ | HOME | 次へ

iii 効率よく広告を管理するために

普遍情報と可変情報

Webで扱う情報には「普遍情報」と「可変情報」があります。

「普遍情報」とは歴史的価値の確定した情報で、時間が経っても価値が下がらないものを言います。「可変情報」とはニュース性が高く時間が経つに連れ情報価値が下がるもののことです。

可変情報は常にメンテナンスをしないとサイトの価値そのものが下がっていきます。可変情報がサイト全体の20%を越えるようではサイト運営そのものが困難になってきます。
(100ページ中20ページ以上にメンテナンスが必要としたら・・・ぞっとしますね。)

残念ながらアフィリエイトで扱う情報はどうしても可変性を伴います。これは広告を扱っている以上仕方ありません。メインで扱うコンテンツ(独自コンテンツ)部分に可変性の高い広告を貼り付けてしまうと普遍性の高いコンテンツを扱っていても陳腐化してしまう恐れが出てきます。(リンク切れやバナーの非表示など)
出来るだけ販売期間の長い商品を扱うのももちろんですが、可変性の高い情報は一まとめにして管理しやすくしておくことが望ましいといえます。

独自コンテンツ内に文中リンクで広告を張るなんてもってのほかです。既存のサイトにアフィリエイトを導入する場合、アフィリエイト用のページはあらたに独立させて作ることをおすすめします。

独自コンテンツからアフィリ・ページへ

図01

具体的には図のように独自コンテンツからスムースにアフィリ・ページへビジターを送り込めれば理想です。
各コンテンツがサイトの入口となり広告リンクが出口となるようにナビゲーションできれば成果報酬は目の前です。 右メニューやフッターのナビゲーションにはコンテンツと関連のあるアフィリ・ページへのリンクを必ず張りましょう。

広告の管理

とは言うもののせっかく有る独自コンテンツが、まったく収入に結びつかないのももったいない話です。
Googleアドセンスやローテーションバナーなどメンテナンスフリーのサービスを利用するのも一つの手ですし、インラインフレームやSSIのincludedを使ってコーナーごとに広告部分だけ一まとめにして一元的に管理する方法も考えられますね。

同様にアフィリ・コンテンツについても、何ページも広告リンク集を作る場合などデータ・ベースを使えば一枚のCSVファイルで何百という広告を管理することが可能になります。
データベースは配布されているCGIなどを改変する方法もありますが、PHPの初歩的な知識で自作することもそう難しくはありません。余裕があれば挑戦してみてはいかがでしょうか?

前へ | HOME | 次へ

アフィリエイトはじめるなら
まずここから

必須の基本ASPです。


アフィリエイトにドメインとサーバーは必須です

このサイトは「エックスサーバー」で運営しています。
エックスサーバー

ドメイン取得は意外に簡単。アフィリエイトサイトには必須です。
年間693円からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン


アフィリエイトのためのPHP入門講座

初心者でもできる!効率的なバナー管理のためのWebプログラミング自作講座です。

音楽サイトでアフィリエイトblog

音楽アフィリエイトとサイト運営の効率化を考えるブログ。


有ると便利なツール
おすすめアフィリエイト本
ドメイン取得 レンタルサーバー
参考サイト