HOME > 簡易データベースを作ってみよう > 

§CSVとは

今回のリンク集ではSQLなどの本格的なデータベースではなく、CSVにデータを保存します。まずCSVの概要と扱い方について説明します。

CSVとは「カンマ区切りテキスト」のこと

"CSV(Comma Separated Value)とは「‚ (カンマ)」を区切り文字としたテキストファイルです。

改行で区切られた1行を1件のデータとし、カンマで区切られた枠を1要素としたデータファイルとして使用します。

汎用性が高く、Excellなどの表計算ファイルでも読み込み保存ができ、Win、Macの区別もありません。

そもそもテキストファイルなので、メモ帳など通常のテキストエディタで編集することも出来ます。

PHPで使用する場合、文字コードをEUCで保存することが多いため、Excellでの編集は意外に面倒です。
CSVをEUCで編集できるソフトはVectorや窓の杜で見つかると思いますのでそちらを使ったほうが良いと思います。
ちなみに僕はikariを使用しています。
特別使い勝手が良いというわけではないですが、フリーウェアだったので(笑)

管理画面を作ってしまうとローカルで操作することはほとんどありませんが、ひとつ用意しておくと良いですね。"

簡易データベースを作ってみよう

  1. 仕組みとファイル構成
  2. CSVとは
  3. トップページを作る
  4. カテゴリー別ページを作る
  5. アイテム別ページを作る
  6. フリーワード検索を作る
  7. 検索結果がゼロの場合の処理
  8. 絞込み検索(and検索)
  9. 1ページを10件表示に制限する
  10. 登録画面を作る。
  11. CSVへの書き込み
  12. データを編集する。
  13. データを削除する。

メイン・メニュー

  1. はじめに
  2. 入門者向け参考書
  3. PHPの基本
  4. ローテーション・バナーを作ってみよう
  5. 検索結果リンクを自動化しよう
  6. 簡易データベースを作ってみよう
  7. ホームページ制作のためのリンク集

PHPが使えるサーバー

僕が使っているサーバーです。

エックスサーバー
多くのアフィリエイターが支持するレンタルサーバー。
当サイトでも使用しています。

管理人のブログ

音楽サイトでアフィリエイトblog
音楽アフィリエイトとサイト運営の効率化を考えるブログ