HOME > 簡易データベースを作ってみよう > 

§トップページを作る

カテゴリーのリスト(CSV)を読み込んでトップページを作ります。

CSVの読み込み方

"まずカテゴリーをリスト化したCSVファイルを作りましょう。

データの構成はこうなります。

カテゴリーID‚ カテゴリー名

テキストエディタで1行1カテゴリになるように書いてください。カンマはもちろん半角です。(このページ上の表示は都合により全角になっています。)
書き込めたら「cat.csv」というファイル名で保存します。文字コードはプログラムと同じにします。(EUCにするのが無難です。)

例 )
1‚ ホームページ作成‚
2‚ WEBデザイン‚
3‚ CGI‚
4‚ JavaScript‚

※Web関連本のカタログを作るという前提にします。


エクセルなどの表計算ソフトで作る場合は保存形式を「CSV」に指定します。
エクセルの場合文字コードがSJISで保存されるのでテキストエディタでEUCに保存しなおしてください。

このCSVファイルを読み込んでトップページを作ります。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC ""-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"">
<html lang=""ja"">
<head>
<title>Web制作参考書</title>
<meta http-equiv=""Content-Type"" content=""text/html; charset=UTF-8"">
<body>
<h1>Web制作参考書</h1>
<ol>
<?php
$Data=file(""cat.csv""); //解説(1)
for($i=0;$i<sizeof($Data);$i++){
$line=explode(""‚ ""‚ $Data[$i]); //解説(2)
?>
<li> //解説(3)
<a href=""cat.php?cid=<?=$line[0]?>"">
<?=$line[1]?></a>
</li>
<?php
}
?>
</ol>
</body>
</html>


解説(1)
cat.csv をfile 関数で配列として読み込み $Data に収めます。
この時点では「1行を1要素」とする配列になっています。

解説(2)
explode関数で1行を「カンマを区切り文字とする配列」として読み込み$lineに収めます。
これをすべての行で繰り返し処理します。

解説(3)
1行分の配列に収められている要素は$line[n]の形で取り出せます。
  • $line[0] → 「カテゴリーID」
  • $line[1] → 「カテゴリー名」

リンク先のURL(cat.php)に「?cid=カテゴリーID」としてクエリ情報を送信します。
"

簡易データベースを作ってみよう

  1. 仕組みとファイル構成
  2. CSVとは
  3. トップページを作る
  4. カテゴリー別ページを作る
  5. アイテム別ページを作る
  6. フリーワード検索を作る
  7. 検索結果がゼロの場合の処理
  8. 絞込み検索(and検索)
  9. 1ページを10件表示に制限する
  10. 登録画面を作る。
  11. CSVへの書き込み
  12. データを編集する。
  13. データを削除する。

メイン・メニュー

  1. はじめに
  2. 入門者向け参考書
  3. PHPの基本
  4. ローテーション・バナーを作ってみよう
  5. 検索結果リンクを自動化しよう
  6. 簡易データベースを作ってみよう
  7. ホームページ制作のためのリンク集

PHPが使えるサーバー

僕が使っているサーバーです。

エックスサーバー
多くのアフィリエイターが支持するレンタルサーバー。
当サイトでも使用しています。

管理人のブログ

音楽サイトでアフィリエイトblog
音楽アフィリエイトとサイト運営の効率化を考えるブログ